本ブログではTOEIC、英語学習に関する様々な情報を紹介しています。

(勉強法・例題・問題集・参考書・ニュース・小ネタや自身の学習状況など)


ブログで紹介した教材については、TOEIC問題集・参考書まとめでさらに詳しく解説しています。

こちらのホームページではブログで公開していない情報も満載です。

TOEICの教材をお探しの方はぜひご参照ください!


個人的な雑記ブログ就活ブログもやっているので、そちらもよろしくお願いします!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICに挑戦したきっかけ

英語ができなくて、しかも英語にほとんど興味もなかった僕がTOEICに挑戦したきっかけについて。


結論から言うと、僕がTOEICに挑戦するようになったのは、英語の必要性を実感したからです。

僕は大学3回生の前期までは遊び・サークル・バイトばっかりでした。

講義は一応出ていましたが、自主的な勉強はほとんどせず、テスト前に徹夜で詰め込み、という感じでした。


そのころ、理系の人間は英語が必要でない、専門分野だけを勉強すればよい、と考えていました。(その専門分野でさえもそれほど勉強していませんでしたが…)

しかし、3回生後期から研究室に分属され、思わぬ壁にぶち当たりました。


それは、「英語で書かれた論文を読まなければいけない」ということです。


高校時代ですらできなかった英語です。しかも大学受験が終わって約2年半、ほとんど英語に触れていなかったため、そのわずかな英語能力も抜け落ちていました。

研究室に入って最初は、先生が簡単な論文を選んで渡してくれました。


知らない単語、長い文章、細かい字…


読み始めて数行で頭が痛くなりました。


電子辞書とネットを駆使し、長い時間をかけて嫌々読み進めていきましたが、わからないところだらけでした。



「これはまずい」と思い、とりあえず英語を一から勉強し直すことにしました。




大学でTOEIC得点アップ!英語が苦手でも860点 TOPへもどる

Comment

非公開コメント





カテゴリ


プロフィール

Author:you
公立大学の大学院1回生、22歳。高校時代から文系科目(特に英語)が苦手な、典型的な理系学生。分野は生物系、分子生物学(遺伝子などを扱います)を専攻しています。就活まで半年を切りました。

初受験時スコア:約390点
※非公式。ゲームによる簡易判定

現在のスコア:795点(L:415 R:380)
※2011年5月29日受験

★ご意見・お問い合わせなどがございましたら、どなたでもお気軽にコメント欄またはメールフォームまでどうぞ。
★相互リンクもコメント欄・メールフォームにて募集中です!



最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カウンター


3月の人気記事(4/4更新)


Twitterやってます
リンク
ブログ内の記事を検索