本ブログではTOEIC、英語学習に関する様々な情報を紹介しています。

(勉強法・例題・問題集・参考書・ニュース・小ネタや自身の学習状況など)


ブログで紹介した教材については、TOEIC問題集・参考書まとめでさらに詳しく解説しています。

こちらのホームページではブログで公開していない情報も満載です。

TOEICの教材をお探しの方はぜひご参照ください!


個人的な雑記ブログ就活ブログもやっているので、そちらもよろしくお願いします!





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC Part5 No.9(熟語)

TOEIC Part5 No.9、文法問題です。


・While most residents share similar goals for the community's future, there are certain realities that must be accepted for those goals to ____ .

(A) achieve
(B) achieved
(C) be achieved
(D) be achieving


正解:(C) be achieved
 訳:ほとんどの住民が、共同体の将来について似たような目標を共有している一方で、その目標が達成されるために受け入れられなければならない、ある種の現実がある。



一文が長く、意味をとらえるのが難しい問題です。

この文の最後は"to+不定詞"の形をとっているため、空欄には動詞の原形が入ります。

よって、(B) achieved は不正解となります。


また、"those goals"は達成「する」のではなく、達成「される」ので、受動態の(C) be achieved が正解となります。



TOEICは時間との勝負です。

この問題のように一文が長い場合、文法的にありえない選択肢を排除することが必要です。

文の前後だけを読み、文法的に正しい選択肢を見分け、すぐ次の問題に移るのが理想的です。


時間節約のため、文全体の意味を理解しなくても解ける問題は、なるべく空欄の前後だけに注目するようにしましょう。


大学でTOEIC得点アップ!英語が苦手でも860点 TOPへもどる

Comment

非公開コメント





カテゴリ


プロフィール

Author:you
公立大学の大学院1回生、22歳。高校時代から文系科目(特に英語)が苦手な、典型的な理系学生。分野は生物系、分子生物学(遺伝子などを扱います)を専攻しています。就活まで半年を切りました。

初受験時スコア:約390点
※非公式。ゲームによる簡易判定

現在のスコア:795点(L:415 R:380)
※2011年5月29日受験

★ご意見・お問い合わせなどがございましたら、どなたでもお気軽にコメント欄またはメールフォームまでどうぞ。
★相互リンクもコメント欄・メールフォームにて募集中です!



最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カウンター


3月の人気記事(4/4更新)


Twitterやってます
リンク
ブログ内の記事を検索